アロマテラピーとは?

アロマテラピーって何?

癒し系の資格取得のなかでも、特に人気が高いのがアロマテラピー。

「癒し系=アロマテラピー」なんてイメージも定着しており、誰もがまっさきに頭に思い浮かべるのではないでしょうか。
でも、誰もが知っている、聞いたことがある言葉だからこそ、その深い意味や内容を知らないで口にしている人もいるのではないでしょうか?

アロマテラピーとは何なのかというと、植物がもつ力や香りで人の心や体のトラブルをケアしていくこと。
健康増進はもちろん、美容効果、さらにはストレス解消などの精神を安定させる効果を期待する自然療法をいいます。

このアロマテラピーという言葉が多くの人の知るところとなったのは、つい最近のこと。
でも、実は20世紀の初頭にアロマテラピーの効果がすでに注目・活用されていたのです。

きっかけは、フランスの科学者ガットフォゼが実験中に起こした事故でケガを負い、ラベンダーの精油(エッセンシャルオイル)を使って治療をしたこと。
これが始まりといわれているのです。

アロマテラピーが始まったのはこの時からだといわれていますが、もっと見ていくと、数千年前の古代エジプト時代にもさかのぼることができるのです。
薫香や浸剤として使われていたというのですから驚きです。
昔から、植物の力というのは人々の心に寄り添っていたのですね。

今現代でも、誰もがなにかしらのストレスを受けており、それを和らげる方法を探しています。
趣味や楽しい時間を作るなど、さまざまなストレス解消法がありますが、アロマテラピーもその一つ。

しかも、アロマテラピーには、ストレスをケアするだけでなくリラクセーションや疲労回復効果も期待できるという優れものです。
入浴時やトリートメントとして、セルフスキンケアアイテムにプラスしたり、取り入れ方は実にさまざま。

その取り入れやすさも注目されている理由の一つとなっているのでしょう。

トップへ戻る